社会福祉法人 光昇会 たま保育園

佐々木正美先生の講演会 感想(*^^)

先日、川崎医療福祉大学 特任教授である佐々木正美先生のご講演を拝聴しました~!!

 

先生は大変有名な方で、ご自身の書物もたくさんお書きになり、何といっても現代の人間発達、特に乳幼児期の重要性に関してのパイオニア的存在です。

 

51JHMVF7WVL__SL500_AA300_

 

 

講演タイトル 「子どもの心が見えますか ~生きる力、コミュニケーションの感性を育てながら~ 成長や発達には順序がある」

 

この講演の中で、特に印象に残ったことを書かせていただきます。

 先生の講演を要約すると・・・人間=コミュニケーションであり、人は他の人の中に自分の存在価値を見出す

やはり・・・!! やはり先生のおっしゃる言葉は、これまでの理論+実体験が伴ってのお言葉でとても心に残りました。 

 

前回も先生のご講演を聞いたのですが、先生が一貫しておっしゃっているのは「乳幼児期の過ごし方が、大きくなってから良し悪し関わらず多大な影響を及ばす」ということです。

特に乳児期(生まれてから約1年ほど)は、基本的信頼を築き上げることが必要とされています。

この時期に、生まれてきたという喜び、愛されたという事実を、しっかりと感じることによって⇒信頼=生まれた世界や人を信じる、自分を信じる力が生まれます。

 

  信じる・・・実は簡単なようでとても難しい言葉です。

 

大人になってから、信じるということがいかに強いことか、信じるという事がいかに難しいかを色々な場面で感じるようになりました。

例えば、「自分は〇〇ができるだろうか・・・」、「あの人は〇〇の時に大丈夫だろうか・・・」、「もしも~が起こったらどうしよう・・・」、人に怒られたり何か自分に言われたときに素直になれない・・・など、たくさんの場面で信じることが難しくなる時があります。

つまり・・・

 

    信じる=自信、他信(他の人を信じる)  ⇔  不安・心配・恐怖

 

こういった意味から考えてみても、基本的信頼を獲得することがとても大切であり、子どもたちが生まれたときの最初の時に作り上げていかなくてはいけないということを先生から教わりました。

 

 信じる (谷川俊太郎)

      笑うときには大口あけて

      おこるときには本気でおこる

      自分にうそがつけない私

      そんな私を私は信じる

      信じることに理由はいらない

      地雷をふんで足をなくした

      子どもの写真目をそらさずに

      黙って涙を流したあなた

      そんなあなたを私は信じる

      信じることでよみがえるいのち

      葉末(はずえ)の露(つゆ)がきらめく朝に

      何をみつめる小鹿のひとみ

      すべてのものが日々新しい

      そんな世界を私は信じる

      信じることは生きるみなもと

 

 

 

 私たちは、子どもたちにとにかく、「楽しい~☆☆」、「嬉しい~☆☆」、「あははは(^▽^)」という笑顔のある空間を作っていく必要があります!!

 

先生の講演はもっと奥が深くて、私のようなものが語ることはできませんが、重要だと思われる部分をお伝えさせていただきました☆

 

 

 

 

 

先日の講演から・・・脳の発達と体の動き

先日の講演会では、脳の発達について詳しく教えていただきました。

今日は、0歳のお部屋の赤ちゃんの動きが脳とどのように関係しているのかということを見てみました。

 

ハイハイがもう少しでできそうな赤ちゃんです。

鈴が大好きでいつも鈴を持って遊んでいます。(鈴がというよりは、音の出るものが好きなようですね)

こちらの赤ちゃんが届きそうで届かない場所にあった鈴をじっと見ていました。

 

 

2013-11-19 09.19.25

 

 

2013-11-19 09.

 

すると、手を伸ばして左右に手を振りながら、足も同時にバタバタとさせて少しずつ前に進んでいきました。 ハイハイではなく、ずりばいでした。

そして、鈴を持ってじっと見つめながら振って音を確かめていました。

 

先日の講演会を思い出して・・・この時期の赤ちゃんの脳は 爬虫類的部分が活発に動いていて、ずりばいをしようとするたびに、その部分の脳が働いています。

 

こちらのお子さんは目的に向かってハイハイをしています。そして、マジックテープを取っています。まだ貼り付けることはできていませんがこの時期は少しずつ手を使う回数が

増えてきました。 この時期のお子さんの脳は旧哺乳類の脳の部分が活発に動いています。

2013-11-19 09.17.53

 

 

脳の発達に合った、体の動きになっています。

 

こちらのお子さんは、歩くことができ、細かな手の動きをしています。

はがす、つける、出すなどが容易にできるようになってきました。 この段階では、新哺乳類の脳の部分が活発に動いているといえます。

2013-11-19 09.21.33

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、脳の発達段階にあった体の動きがあり、脳から送られる神経細胞への伝達(ミエリン化)がどこまでされているのか、ということによって手の動きや足の動きが変わっていきます。

 

科学的に子どもたちを見ることによって、「今、どんなことに興味を持ってるんだろう」、「どう援助することができるだろう」、「どんなことができるのだろう」というハテナ((・・?)がわかってくるようになり、子どもたちの求めていることに応えていくことができるようになります。

そうすることによって、子どもたちから「この人(先生)は自分をわかってくれる。」、「やりたいことができる」、という安心感を得ることができるようになっていくと思います。

 

みなさんで、子どもたちについてたくさん学びましょう(*’▽’)そして、一緒にシェアしましょう☆彡

職員勉強会をしました(*^^*)

先日、職員全体で勉強会をしました。

今回のテーマは“次世代に向けてどのような保育が求められるか”という内容でした。

 

P1050665

 

午前中は3名の先生の研究発表を聞き、それについて全体で考えていく時間でした。

 

P1050659

 

 

 

 

 

 

絵画について学ばれた先生が自画像の描き方をレクチャーしてくださいました。

先生が学ばれたこと・・・絵画は単に“美術”として存在しているだけでなく、人類の過去から現在までの生活の中に存在していたということです。それを子どもたちに伝えていく必要がありますし、私たちはたくさんの絵画を子どもたちに紹介していくことで、子どもたちの心を豊かにすることができるということです。

モンテッソーリ教育の中では、絵画(芸術)は一つの区切られた分野の中にあるのではなく、赤ちゃんの頃から日常的に取り入れられていくべきだという考え方があります。

 

そして次の先生方は東京で夏季にモンテッソーリのお勉強をされました。

P1050668

 

 

 

 

 

 

感覚教材のお仕事をどのように使うのか説明してくださっています。

初めて目にする先生もおられたので、具体的な教材を見てもらうことは大変役立ちます。

 

午後からは主任よりアタッチメント(愛着)についてのお話をして頂きました。

先生方からアタッチメントの重要性が再確認できたとの声が聞かれました。

 

実り多き研修会になりました。今後さらに保育につなげていきたいと思います。

 

 

愛着(アタッチメント)について

先日、広島県保育連合会の研修会に参加しました。

その中で、特に印象に残っている講演があり、今日はブログで紹介させていただきます。

 

講演内容は“愛着(アタッチメント)”についてでした。

私もモンテッソーリの0~3歳児アシスタントコースに通った時に初めて知った内容でしたので、再確認させていただく機会となり、有難かったです。

 

“愛着”とはなんでしょう。

色々な場面で耳にすることがあるかと思います。何か特定の物や事や場所において非常に強い関心・興味を示す時に使いますね。

ボウルビィという医師が考え出された理論ですが、彼によると、「基本的には、人間を含めたあらゆ動物個体他の特定の個体との接近を求め、またその接近を維持しようとする行動をさす」と書かれています。

少し難しい内容ですが、‟お母さん(または擁護してくれる人)との間に安定を取り戻そうとする行為”です。

 

この愛着関係は、生涯にわたる対人関係に影響を及ぼすそうです。(生涯・・・と聞くと怖いような気もしますねm(__)m)

そしてさらに、愛着不全(愛着関係に何らかの支障がある)は、愛着障害や人格障害に至る危険性が高いそうです(:_;)  考えてみたらそうですよね。

幼い赤ちゃんは誰かにお世話をしてもらって、助けてもらいながら成長していきます。そして“人”になるためのお手本を近くにいる人から学んでいきます。そして“愛されている”

というパワーをもらいながら“人”になっていきます。そんな時に、“泣いていてもほっとかれる”、“だっこしてくれない”など赤ちゃんの求めていることに応えてもらえなかったら・・・私から考えても・・・寂しくなってしまいます。

“誰も私を見ていない”、“必要とされていない”、“寂しい”、“悲しい”、“怖い”などの不安要素をたくさんと抱えることになってしまいます(涙)

このネガティブな要素が、脳が作られている(とても活発に働いています)時期にたくさん入り込んでいったとしたら・・・その子の心の中はいつもネガティブパワーでいっぱいになってしまいますね。そしてそれが、脳に刻まれていきます。大人になると・・・そのネガティブパワーが至るところで発揮される可能性は高いといえますm(__)m

つまり、簡単に書くと・・・

   乳幼児期(0~6歳)はあらゆる面で信頼関係を結んでいく必要がある
   
   愛情をもらい、満足感・安心感を感じる
     例:お父さん、お母さん(人)、産まれた周りの環境(家など)、周りにいてくれる兄弟や、おじいちゃん、おばあちゃんなど
          ↓
   人や周りの環境と信頼関係を結ぶことができる=安心・安全だと感じることができている
          ↓
   その場にいる(愛されている)自分を信頼することができる
          ↓
   さまざまなことに積極的にチャレンジする力がでる(好奇心・興味がわく) “見守ってくれる人がいるから、私(僕)はやったらできる!” 、
          ↓
   心が満たされていることで、落ち着いている。(徐々に“考える力”が出てくる)
          ↓
   少々トラブル(子どもにとって)が起こってもすぐに立ち直って、精神的に強くなってくる

簡潔に書きましたが、このような好循環が生まれてくると思います。そして、周りの人を信頼し、自分を信頼し、新たな物事を信頼する力が自然と備わっていくのだと思います。

しかし、現代は、お母さん方もたくさんお仕事をされ、育児との両立は本当に大変だなぁとつくづく感じる毎日ですし、社会的に不安を抱えてしまうことがたくさんあるのも事実です。

そういった社会的な背景ももちろんありますが、 保育の現場にいる立場からお話しできることは、子どもが“子ども”でいれる時期って限りがあるという点です。ずーっと永遠に子どもでいるわけではない。つまり、子育てにも必ず最終地点があるという点がまず挙げられます。そしてお母さん、お父さんが手を出して、さわってあげられることにも時期があって、少し大きくなってしまうともう子どもたちから触られることをイヤがってしまうんですm(__)mその時期になると、「遅かった~!」ってなってしまいます。だから、手がかかる時期にはリミットがあるということが大前提で“今”子どもたちに触れる、話しかける、抱っこする、絵本を読む、お料理を一緒にする、お出かけする・・・・たくさんして頂きたいと思います。

それができないときには、笑顔を向けるだけでもいいと思います。笑顔を見せることは、相手に安心感を与えることになります。忙しくってなかなかゆっくりと関わりが持てない方は笑顔で話ができるだけでも子どもたちにとっては“受け入れてもらえている!”と感じることとなるのでは、と思います。

私の中で、愛着という大きなテーマはこれからもひも解く課題となっていますし、たぶん、“人”という存在である以上は考える必要があるテーマだと思っています。

ここまで、長々と書いてしまいましたが、最後までお読みくださった方、ありがとうございましたm(__)m

また、今度はモンテッソーリ教育法の観点から“愛着と分離”について書かせていただこうとおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ページトップ