自然と触れ合う

 

P1040609

少しずつ、暑くなり、周りの山々も新緑になってきました。

園にある畑“たま農園”では野菜の栽培を始めようと、今日は畑の周りの草取りをしたり、畑を耕したりしました。小さな子もお花にお水をあげたりすることが大好きです。まず“お水を使うこと”が好きですからね!

そして、お花や虫など、自然の中にあるものに触れることによって情緒的に“キレイ”や“かわいい”という心が育つきっかけとなっていきます。

自然と触れ合うことって乳幼児期には本当に大切ですね。

image

▲ページトップ