0-3歳のリトミックをしました(*‘∀‘)

今日は0歳さんからのリトミックをしました(≧▽≦)

赤ちゃんも本当に音楽が好きなんです♬ ピアノが鳴ると、必ずピアノの方へ向いてじっと音を聴いています。

 

そしてちょうちょ、やおつかいアリさんやはとぽっぽなどの知っている曲には敏感に反応して手や頭を動かしています。

今日は、初めて0歳さんにもフープを使ってみました。持ち方のお手本を見せて、動きをしてみせると、小さい子でも同じようにしようとしてくれていました。

 

P1060005

 

 

 

 

 

 

1歳児さんは、フープの使い方がとっても上手になってきました♪

今日はバスの運転手さんになって、フープをハンドル替わりにして走ったり、歩いたりし、何度か繰り返した後に、モーツァルトの子守歌を弾くと、フープに入ってお昼寝の格好をしています。とってもかわいい姿ですし、音で動きを判断できるというのは素晴らしいですよね(≧◇≦)

 

P1060010

 

 

 

 

 

 

 

P1060009

 

 

 

 

 

 

寝るポーズをしています。

 

P1060015

 

 

 

 

 

 

 

2歳児さんは、少し難易度が上がり、今日は手合わせでも「トンパー」と言いながらしました。これは2拍子を伝えるためにしています。

初めての活動でしたので、最初はもちろん難しいので、なかなかできていませんが、繰り返すことによって少しずつ2拍子の感覚をつかんでくれることと思います。

また、ビーズを使って数字を数えるとともに、数字の歌をみんなで歌いました。

 

2歳児さんになると少しずつ知的活動の幅を広げていくため、内容もそれまでに比べると教育的部分が含まれてきます。

小さいころから少しでも、音楽に触れ、音楽を通して体を動かす楽しさを知り、音楽の楽しさを体験するということは、本当に必要なことだと思います。その方法の一つであるリトミックはとっても子どもたちの興味を引き付け、「次もしたい!」という意欲を引き出してくれる教育法です。

 

このブログを見て下さっている方、興味があればどうぞ、リトミック研究センター広島支局のHPをご覧ください(^O^)/

 

▲ページトップ