2歳児さんのお仕事の様子(^O^)

先週末は雨がたくさん降りました☂ おかげで、少し気温が低く、過ごしやすかったですね(^O^)

2歳児(きいぐみ)さんはプールが終わってから、毎日お仕事をしています。

個々に自分のする活動を選び、集中して、手先や体の部分を使う、言葉を発するなど、活動をすることによってその後の“やった~!”、“できた!”という機会がたくさんできます。

この“できた!”という喜びこそが、子どもたちにとっての生きるエネルギーなんじゃないか、、、と思っています。 成長するということは、できることが増えることであり、その中で、色々な経験を通して身体や心が造られるのではないでしょうか。私たちは、子どもと一緒に喜びを分かち合い、共感できる立場であることは、とても嬉しいことです。

P1100619 

 

  下駄や長靴を袋から出して、ペアにしています。

 

 

 

 

P1100628P1100629

 

 

 

 

 

 

マトリョーシカという木彫りの教材を大きい順に出して並べています。

 

 

 

P1100630 

 

 

 

 

 

 

 

 

手首のスナップを十分にきかせながら、こしょうを入れる容器の開け閉めの練習をしています。

 

 

 

 

 

2歳児さんになると、特に手首が自由に動かせるようになってくるので、こういった教材をたくさん取り入れています。

最初は開け・閉めが難しかった子も、何度も練習を重ねるにつれて徐々にできるようになります。

モンテッソーリ教育では、特に“繰り返し”を求めています。 何度も何度も経験することによって、いつのまにか習得できる、、、それによって、集中する力が養われたり、物事を追及する、大きな満足感を得る、など、繰り返すことによる効果はたくさんあります。

 

また、モンテッソーリ教育と子どもたちの活動を紹介します。

 

 

 

 

▲ページトップ