社会福祉法人 光昇会 たま保育園

たまblog

夏祭りに向けて練習をしています★

今日の午前中はお天気に恵まれて、もうすぐ行われる夏祭りに向けて練習をしました。

今年の盆踊りの曲目はゆずの、「スマイル音頭」と作者不明ですが、「ジャブジャブ音頭」です。

どちもポップなお祭り音頭となっていて、子供たちにも大人気の曲です。

1・2歳のお子さんでも、音楽が鳴ると手や足を動かして音頭をとっている姿がかわいいです(^◇^)

vb2-tgvzo8ZuVunKjNMeUdMSx1AVj-kmj2pzWindLBo

 

xlFgljNoSfebd7UCaFROs7sIOowLSr3XqhkNCByhngM

 

大きい子は円の周りをゆっくりと歩きながら踊り、小さな子たちは円の中で歩いたり踊ったりしています。

夏の季節を感じるにぴったりな盆踊りは子供たちだけでなく、私たち保育者にもとっても楽しいものの一つです。

 

今週末の土曜には、夏祭りがあります。

ブログをご覧になってくださっている方で、ご近所の方はぜひ、お越しください。

少しずつ成長したゴーヤです☆

また今週は暑くなりそうですね<m(__)m>

熱中症には注意しながら、水分をしっかりと取り、元気に過ごしましょう。

5月の終わりに事務所の前で植えたゴーヤの苗が少しずつ成長し、カーテンになってきてくれています。ゴーヤを見ると「夏が来たなぁ~」としみじみ感じます。

先週まではなかなか晴れ間が見られなかったため、子どもたちにもじっくりと見せてあげることができなかったのですが、今週は晴れているのでしっかりとみせてあげることができそうです(^o^)/

もっと大きくなって緑のカーテンになりますように☆

 

Chjzxe9YnDyJTLG0TX7uXZ9xVGVeaVGeU40OuLvSIio

 

kMWQ8nbYd07BFSrCVaalzNCUb8jtfich0wmIGLgEW-0

あお みどり すみれぐみ リトミックをしました♪

今日は幼児クラスのお友達のリトミックをしました。

あおぐみさんはたいこのバチを使って“色んなところをトントントン”という活動をしました。

そして、うみの歌に合わせて揺れてみました。“うみ”の曲は3拍子ですが、意外と3拍子に揺れるというのが難しいので、先生と向き合って手を持って揺れてみました。

みどりぐみさんは、今日からハンドサイン(例えばドの音に合わせたサイン)を覚えました。

今までは、漠然と「ドレミファ~」と歌っていたのを、サインを使うことによって目に見えるように形にしていきます。

今日は“メリーさんの羊”をしました。

そしてすみれぐみさんは、2拍子、3拍子の聞き分け(2拍子は七夕さまのうた、3拍子はうみのうたでしました)をしました。

すみれさんになると、すぐに「これは3拍子、これは2拍子」というのがわかるんですね。

それから、五線譜を使ってドからソの音までを音符で表してみました。今までの段階より、少しずつ音を具体的に、そして理論的に音楽を経験していくようになります。

2013-06-26 11.44.20

2013-06-26 11.44.26

そもそも、なぜ楽譜が生まれたのか・・・ということについて今日は少し話をしました。

音は目で見ることができません。しかし、心の中(精神的な部分)には、色々なリズムやハーモニーがどんな人間にも存在するのです。

かの有名なベートーヴェンやシューベルトなど、音楽家と呼ばれている人たちはそもそも自分の作り出した音を残しておこうとしましたが、口で伝えるだけでは限りがあり大変だということで楽譜を用いることによりその場で考えた物をすぐに紙に残すことによって音楽が伝えられてきました。

このような話をすると、子どもたちはなぜ、その活動をするのかということをわかってくれるようになります。

リトミック教育の中にも、文化的要素を含めることができるよう、色々なアプローチを行っていきます。

 

 

 

 

あか・もも・きいぐみ リトミックをしました♪

今日はあか・もも・きいぐみのリトミックでした。

ももぐみさんもリトミックの時間になると、「・・・ク」とリトミックという言葉を言いたいかのように何度も言ってくれます。

ももぐみさんは、お友達と手をつなぎながら歩き、途中で手合せをしたり、低い音を“ドンドン!”と鳴らすと座ることができるようになってきました。

先生との関わりが1番多いですが、少しずつ周りのお友達にも興味が出始めているのが1歳児さんの特徴です。

ぎったんばっこでは、先生が子どもの後ろに座ると、お友達と一緒に楽しそうにすることができました(^O^)

 

きいぐみさんは、今日は“うみ”の歌を繰り返して歌い、海のイメージを絵や写真でつくりながら、「みんなで、海に行こう!」と話をして、ボートに乗り、色々な海の生き物に変身しました☆

カニになったり、大きな魚になったり、わかめになったり・・・と海の生き物をたくさん堪能しました。

そして、ボールを使って円になって、ボール回しゲームもしました。以前にも、何度かしていることもあり、2歳児さんでもとっても上手にボール回しができました。

今日は、トレメロという合図で反対回しも入れてみました。まだ、難しいようでしたが・・・繰り返ししていくことでわかっていってくれることでしょう。

 

aAVb5cxsWDLKrPkwWVBHfrIi7WTXg_GU-wY0s2Z9QYQ

 

2013-06-25 11.27.02

 

それにしても・・・いつも感じることではありますが、人間にとって音楽って本当に必要なんだなぁと・・・

どんなに小さな赤ちゃんでも音を聴くことによって泣き止んだり、笑顔になります。

 

音楽って目には見えないものだからこそ、人間の精神的な部分に働きかけるんですね。

私もいつも音楽に癒され、励まされ、ワクワクを与えてもらっています。

私は専門的な音楽家ではありませんが、音楽の“素晴らしさ” “楽しさ”は色々な角度から子どもたちにアプローチし、子どもたちへ“音楽大好き!!”と思ってもらえるよう、務めてまいりたいと思います。

引き続き、明日は幼児さんたちです(^o^)/

みんなで楽しみたいと思います☆

 

 

 

2歳児さん ぶら下がるのが大好きです

 園庭では、よく鉄棒やうんていなどにぶら下がっている2歳児さんを目にします。

IMG_1964

 

4月のころは手を使って少しだけ自分の体を持ち上げていたお子さんも、少しずつ長い時間足を浮かせて、ゆらゆらと揺れることができるようになりました。

最近読んだ記事の中にこんなことが書かれていました。

“子どもの体が、壊れかけている。20年以上前から、さまぎまな研究者や教育現場の関係者が、子どもの体の異変を報告してきたが、度重なる警告に
もかかわらず、歯止めはかかっていない。(中略)体を支える要である背筋力は急速に落ち、視カ異常も増えるー方だ。滑り台の階段から転げ落ちたり、平らな床で転んだりする幼稚園児、朝から疲労を訴えてー日中ゴロゴロしている保育園児が、少しも珍しくない。血圧や体温を調節するといった、体の内部の機能までもがおかしくなっている。「もはや『生物』として成立しない体になりかけている」大阪大学優康体育部の生田香明教授(運動教育学)は嘆く。”

こういった上記の記事もそうですし、色々なところで子どもの体力低下、筋力低下が叫ばれている現代社会です。

大人になると、筋力をつけたり、骨格をしっかりとさせるというのは、相当なエネルギーを必要とします。そのため、土台である乳幼児期から“遊び”の中で自然に筋力をつけていくことって大切ですよね。

私が子どものころは、のぼり棒もうんていも鉄棒も何でも経験し、サルのように手や腕を使った経験がありました。

それが、今となっては骨格や筋力の根っこになっていると思うと、現代のお子さんも同じように経験させてあげることが必要だなと改めて感じました。

 

IMG_1901

 

 

 

 

保育参観ならびに給食参観をしました!

 本日は、お忙しい中、参観およびクッキングにお越し下さってありがとうございました(^o^)/

子どもたちのお仕事をしている様子をご覧いただけましたでしょうか??P1040927

また、保護者の方へモンテッソーリ教育について少しでも知って頂く機会を設けさせてもらい、感謝感謝です。

皆さん、大変真剣に聞いてくださいました。

 

IMG_2252

   その後はクッキングtime!

   今日のメニューはチラシ寿司でした。

   保護者の方のお手製ちらしずしを子どもたちと一緒に食べるという企画です。

 

 

 

IMG_2260

 

   つきぐみさんの様子です(^O^)

 

 

 

IMG_1874

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちと楽しく給食を食べる時間を設け、職員一同うれしい気持ちでいっぱいです。

本日はありがとうございました!

 

 

そーっと歩く練習です

今日は以前に行った鈴を持って歩く練習をしました。

以前にもまして、上手に歩くことができるようになり、鈴が鳴る回数はほとんど少なくなりました。

少し「リン」と音が鳴ると「あっっ!鳴ってる」と注意深く耳にする子も・・・

ほとんど静寂の中で行われています。

VcMebezSkJbQ0g9Gewc78G5AsF3oX7JqGrzMkRJOx1s

この練習の中には、単に鈴を持って音を鳴らさないように歩くという目的だけでなく、その鈴を持って友達の所へ行き、手渡しをしてあげるということを通して、社会性も身につくよう目的の部分に含まれています。

3歳、4歳のお友達は年長さんのしているのをよく観察しながら同じように、しようとしています。

 

  OGdlJ5pvAHQQd3CBIeGjib85jScXmLJJa0C1wOM7jbA      0O7_gAnHCNpZOPw_9ZTtZP-Uc9ARyM0Tbr_I0l2km0E    

終わった後の静けさがなんとも言えません。子どもたちにこんな力あるんだぁと毎回感心しています☆

 

 

 

リトミックをしました♪

今日はリトミックの日でした。

2歳児さんも、音に合わせながら上手に動けるようになってきました。

ぞう、犬、リスになりきって、走ったり歩いたりと動きが変わっていきます。

2歳児さんごろになると、“なりきり”もよくわかり始め、演じることができるようになってきます。“聴いた”音を即時反応していく・・・小さな子供でも、集中力や自己コントロールが必要になってきますね。

リトミックとモンテッソーリって教育的アプローチは違いますが、目的には共通する部分があります。

・集中して何かをする

・自分をコントロールする

・終わった後の“できた”の気持ちを大切にする

・自信をつける

・センス(感覚的要素)を磨く

などです。

 

今日は2歳児さんが、楽しく電車ごっこをしました。

7vcQfzKJgUwgWQBWL5sJgvTMbvc5LC0Ks8CFUr70dzA    LHXyt03jMxbJFzXZSYkI0bwiQ8oBmH7rhpL1j_gujHo

 

 

 

 

自立に向けて~1歳児さんの様子~

1歳児さんも“お兄ちゃん、お姉ちゃんがしているようにしたい”とか身近な友達の様子を観察しながら、日々成長しています。

その中で子どもたちがいかに、“自分で”楽しくできるか、ということが、ポイントになってきます。

例えば、靴は毎日保育園に履いてくるものですね。その靴選びのポイント・・・

①子どもの足に合ったサイズであるか

②脱ぎ履きのしやすさはどうか

③歩きやすさはどうか

などが特に考慮されるべきだと思います。

そこで、1歳児さんにはこのような靴であれば、自分で履いて自分で脱ぐということがしやすいと考えます。

そして、かかとの所にひもをつけてあげることによって、足を入れてから紐を引っ張って履くことができるようになります。

P1040859

かばんも同じように、チャックのところに紐をつけてあげるだけで、自分でチャックの開け閉めができるようになります。

P1040865 P1040862

P1040868

ぜひ、3歳未満のお子さんがおられる場合は子どもたちが“自分で”できるよう、工夫してあげて下さい(^○^)

 

 

 

 

 

 

先生も練習中です☆

q4PR31ygboG-Rl-hMj1HqiuEdcKnkrJmv5uJsGvsJbE

モンテッソーリ教育では、先生たちも子どもたちに“教える”ための“方法”を練習する必要があります。

先生もお仕事を自分でしてみて、初めて子どもたちへの「わかりやすい教え方」を学びます。

写真は洗濯のお仕事を先生が学ばれている姿です。

子どもたちへわかりやすく、子どもたちが同じように再現しやすいようにするためには、先生にも技術が必要となります。

いつも先生方は“どのようにしたら子どもたちが学びやすいかな”と考えながら子どもたちと一緒にお仕事をしています。

そして、ベテランの先生から方法を指導して頂き、経験させてもらっています。

 

 

6月7日(金) 田植えをしました!

 

本日は、在園児の祖父母の方の御声掛けにより、年長さんが田植えを経験させていただきました。年中さん、年少さんは近くで見守ってくれました。

初めて田植えを経験する子ばかりで、まず田んぼに入ること自体に気合が入りました。「足が抜けない~!」、「ちょっと気持ち悪い」などの感想が聞こえてきました。しかし、慣れてくると「歩くのおもしろい~(^○^)」など、教えてくれました。

横一列に並んで、祖父の方から苗の植え方をご指導いただきました。

IMG_2185

P1040853

P1040855

苗は3本ずつ分けて、根の方を鉛筆を持つようにして持ち、“ぐっ”と差し込みます。最初はうまくいかなかった年長さんも少しするとコツをつかんで、上手に植えられるようになりました。

IMG_2210

 

野菜の収穫に引き続き、大変貴重な体験をさせていただきました。祖父母の方、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

時の記念日 佐野時計店さんが来られました☆

本日は、時の記念日にちなみ、中須町にある佐野時計店さんよりお越し頂き、たくさんの時計を見せていただきました。

P1040813 P1040819 P1040833

キャラクターの時計が出てくると「わぁ!ピカチュウがおる!」など歓声が上がりました。

とても大きな時計も紹介してもらい、子どもたちは興味津々。

たまルームで来て下さっていたお子さんも喜んでおられました。

時計店の方から「時間を守って行動しましょう、朝は早く起きましょう」などの声をかけてもらうと、みんなで元気に返事をしました。

時の記念日・・・大人はついつい時間に追われて、“忙しい”が口癖になってしましますね。ある方のお話の中での印象深い内容が、「忙しいとは“心を亡くす”ということでもあるということですよ。」と言われました。私たちはついつい“効率的”に求めてしまいがちで、心を亡くす状態でいることがあるように思います。

時には、ゆったりとのんびりと・・・だら~っとする時間を設けて心のリフレッシュをしたいと思います。

 

 

 

野菜の収穫をしました(年長さん)

今日は卒園児の祖父母の方が栽培してくださったじゃがいもと玉ねぎを年長さんが収穫させてもらいました。

じゃがいもは、メークインと男爵で同じように見えても少し違いがある、ということを学びました。

image

そのあとは、ご近所の方より、山桜桃梅(ゆすらうめ)や桑の実をおすそ分けして頂き、みんなで採って頂きました。初めて食べる子がほとんどで、とても貴重な体験をさせてもらいました。

そして、玉ねぎもたくさん収穫させていただき、保育園に持ち帰り、給食の先生にお料理用として使っていただくこととなりました。

kK1ttOHEzDqKxQ7JasGkwKjx-p75RLO-4Pn_TgwVn9w

スーパーに行けば、簡単に野菜が買える時代ですが、“自分で栽培する、収穫する”ということに勝る喜び、達成感、味わいはありません。

いつもお世話になっている祖父母の方に感謝しながら、大切に頂きます。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

4歳児さん 洗濯をしているところです。

この時期は、水を使うお仕事をたくさんします。

子どもたちは水を使うことが大好きです。水は、人間にとって欠かせないものであり、こんなに小さな子でも水を使いながら生活するということを実体験を通して学びます。

また、水は子どもにとって“精神的に落ち着かせてくれる”ものであり、おうちなどで、少し落ち着きがなくて困っておられるお母さん方がいらっしゃると、手を洗ったりしてお子さんの気分転換を行ってあげて下さい(^O^)

現代では、洗濯は全てボタン一つ。洗うのも、すすぐこともいっぺんにできます。

“時間短縮” “手軽” “楽にできる”というのは、大人の価値観ですが、子どもたちは、自分でやってみて、初めて“汚れた物を洗う=汚れたものが落ちていく”プロセスや“洗ったものを外に干して乾かす”という一連の流れを通して、“次に何をするのか” “これからどうなるのか”と予想する力になります。

image

そして、洗濯をしているお仕事を見ている子も、見て学ぶというお仕事の中の一つです。

大人が一からすべてを説明しなくても、見ることによって学んでいきます。

この作業もモンテッソーリ教育の大変素晴らしい点です。

 

この他に、花の水切りのお仕事や色水をあけ移したり、机を磨いたりする活動など、たくさんあります。また、紹介していきます。

 

 

 

 

言語の獲得 (3~6歳)

image  

3歳以降になると、それまでスポンジのようにどんどんと吸収していた“周りにある言葉”を自分で思うように使っていく時期になります。そして、身の物には全て“名前がある”ということを意識しながら、活動をすすめていきます。

そこで、3歳以降の環境の中には、“絵カード”と呼ばれるものを用意します。

そして、単語だけでなく、文字も一緒に伝えながら、「話し言葉」と「書き言葉」を習得していきます。

特に年小さんたちにとっては、大変魅力的であり、ペアリングにするという活動自体が大変興味を持つ内容です。

この活動を行うことによって、自然と物の名前や文字を覚えていくことがあります。

 

本当に子どもたちの脳には不思議な力があるんですね。

年中さんになると、少しずつ文字を書く活動へと移行し、年長さんになると、自分の話している言葉(文章)を文字化していくように進めていきます。

モンテッソーリ教育法の“言語”活動は本当に奥深く、子どもたちの発達段階に合わせた、楽しい教具がたくさんあります。

  image年小さんが絵カードをしています。乗り物が大好きな男の子なので、文字もす   

              ぐに吸収していきました。

年長さんの挑戦!

運動会で年長さんは、一輪車と坂上がりを目標にして、練習をします。

外に出ると、一輪車を持って練習用ポールへ行き、少しずつ手を離すことができるようになった子もいます。

一輪車は乗れるようになるとそうもないのですが、やはりバランス感覚が求められ、特に幼児さんには難しいですが、練習することによって獲得されるバランス感覚や集中力、さらには乗れるようになってつく自信はなにものにも代えられません。

P1040792

この時期から、保護者の方のご協力のもと、お休みの時間も近所の公園に行って一緒に練習されたり、お兄ちゃん、お姉ちゃんのいるお子さんは教えてもらったりしながら、家族の中でも1つの目標に向かって進むという体験ができます。

また、逆上がりでは4月ではほとんどの年長さんができなかったのですが、毎日のように練習に励み、最近では半分ぐらいのお子さんができるようになってきました。毎日していると、手に”まめ”ができて、「痛いんだ」と教えてくれる子もいて、見ている保育士は「痛いのに無理しなくていいよ」と言っても、ばんそうこうをつけて練習しています。

 

image    P1040789

運動会までまだまだ時間があります。みんなができるように頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

乳児リトミックをしました☆

0、1,2歳のリトミックを行いました!

音楽がかかるとどんなに小さな子でも、手や体や顔を動かし始めます。小さな子でもリズムを取ろうとしています。

音楽の力ってすごいなぁといつも思います(^O^)

1歳児さんは、歩くリズムの音楽が鳴ると、近くにいるお友達と手をつなごうとする姿が見られます。

とってもかわいいです。

image

音楽教育を通して、社会性も芽生えてきました。

 

2歳児さんは、挨拶もちゃんと大きな声でできました。

今日は、色紙を使ったカードゲームをしました。バラバラに置かれた色紙のまわりをおうまさんになって回り、途中で先生が色の名前(例;赤、黄色など)を言います。そして、言われた色の所に行きます。

このゲームがとっても大好きな、2歳児さん。徐々に色の名前を覚え、探す力が付いてきました。

image (少し画像が荒くなっております)

 

image

リトミックは、音楽を通して集中する力や聴く力やリズムに合わせて動く力が身についてきます。それも、楽しみながらできるというのが、最大の魅力だと思います。

小さな子でも、「リトミック」という言葉を発してくれるほど人気で、楽しんでくれています。

明日は、幼児さん(3-6歳)です。

一緒に楽しみたいと思います(^O^)

 

 

 

 

 

お仕事の様子 (3~4歳児) ☆

3~4歳児さんのお仕事の様子を少し紹介します。

ぬいさしをしている子がいます。   image

ぬいさしの行程は3歳になると長くて、最初は先生と一緒に行います。

ポイントとしては・・・

・糸を切る(短すぎず、長すぎず・・・ちょうどよい長さにするには??)

・切った糸を針に通す(最初はとっても難しんです)

・玉結びをする(子供たちが理解しやすい方法で先生が紹介し、初めは一緒に行います)

・縫い方(最初はなみぬいからはじめていきます)

・玉止めをして終わる(玉止めと同様に難しいです)

 image

2歳児さんのときは、“縫う=穴に針を通す”ことが目的でしたが、3歳以降になると、準備してから、自分で縫い始めるまでのプロセスまで、全て目的に入ります。

このように、日常生活の練習の中には、“流れ”があり、そのことを通して”次に何をするか”、“結果がどうなっていくのか”ということを考える力が育まれ

論理的な思考ができるようになっていきます。

今後、“日常生活の練習”から、徐々にモンテッソーリ教育法の紹介をさせていただきたいと思います。

 

楽しい楽しいフラワーアレンジメント♪

IMG_1871

 

この時期には、たくさんのお花が咲きほこり、とってもきれいな時期ですね。

きいぐみさんは、毎日のお仕事でフラワーアレンジメントをしています。

色んな色や形のお花を前に、どの花を花瓶に活けようかと考えながら楽しく行っています。

お部屋に飾ると、とっても華やいで給食がさらにおいしくなりますね。

お仕事の中で、たくさんの刺激を受けながら毎日楽しく過ごしています。

                       

                         IMG_1870

 

 

ももぐみさん お仕事風景

IMG_1984 IMG_1992

ももぐみさんのお仕事の様子です。

小さなものをつまんだり、穴にさしこんだり、細かい手の動きができるようになってきました。

 

お仕事が大好きなももぐみさんです!

今後は、水を使ったお仕事なども取り入れていきます☆

 

 

 

 

 

 

 

▲ページトップ