社会福祉法人 光昇会 たま保育園

たまblog

1 14 15 16

リトミックをしました♪(3~6歳児)

今日は3,4,5歳児さんのリトミックでした。

始まる前から「今日、リトミックよね?」と楽しみにしていた子どもたちです。

あおさんも、みどりさんも、すみれさんもまずは、息をしっかりとおなかに溜めて、ゆっくりとはく、というのを繰り返しました。そして「シュ、シュ、シュ」と息を出して、発声練習を行いました。

それからみどりぐみさんは“アルプス一万尺”の歌に合わせて手合せを行いました。

両手をクロスさせて手合せするのが、意外と難しかったようです(*_*)

IMG_0861

すみれぐみは2拍子の基礎リズムを少ししました。

音符が読めるようになってきているすみれさん、足でステップができるようにもなり、子どもたちの持っている力に日々驚いています。

来週もリトミックを一緒に楽しみたいと思います。

 

IMG_0863

 

 

この時期になると(^O^)

IMG_1997

この時期になると、ツバメが巣を作って子育てをします。

小さなクラスのお友達は、毎日ツバメの成長を見守ってくれ、「ちゅんちゅん!」、「お母さんがえさをあげてる!」

など、ツバメに興味津々で観察しています。

5月の最初のころに小さかったヒナも、徐々に大きくなって、巣からはみ出そうになっています。

お母さんツバメは片時も休むことなく子どもにエサを与えています。そんな姿を間近で見ることができ、

動物の持っている“愛情”という本能に大変感動を覚えます。

もうすぐ、雛たちは旅立ちますが、また来年もここへ来てほしいです。

IMG_2001

お手伝いが大好きなきいぐみさん☆☆

image

2歳児さんのお給食の準備の様子です。担任の先生のお手製のとってもかわいいエプロンを着て、

給食の先生のところで「お願いします!」と元気よく声をかけました(^o^)

先生を筆頭に後の取っ手をしっかりと握り、小さな給食お当番さんが堂々と通っていきます。

1歳児の小さなお友達も少し大きなお兄ちゃん、お姉ちゃんを見ながら、憧れのまなざしを向けていました☆

お手伝いが大好きなきいぐみさんの紹介でした☆

 

image

 

 

0歳児のお部屋では(あかぐみ)

赤ちゃんはとっても好奇心旺盛です。単に寝ているだけでなく、起きているときにも、絶えず音を聴いたり身体を動かしたり、色々な物を見て刺激を受けているのです。

モンテッソーリ先生は、そんな赤ちゃんの素晴らしい発達の秘密を私たちに教えて下さっています。

image

赤ちゃんは鏡と向かい合いながら自分の顔、体や動きなどを観察しています。

今日は動物のあかちゃんの本を一緒に見ました。新しいものを見るかのように、じっと見つめていました。小さな赤ちゃんでも刺激によって、発達している事には驚きですね☆

 image

 

 

 

 

自然と触れ合う

 

P1040609

少しずつ、暑くなり、周りの山々も新緑になってきました。

園にある畑“たま農園”では野菜の栽培を始めようと、今日は畑の周りの草取りをしたり、畑を耕したりしました。小さな子もお花にお水をあげたりすることが大好きです。まず“お水を使うこと”が好きですからね!

そして、お花や虫など、自然の中にあるものに触れることによって情緒的に“キレイ”や“かわいい”という心が育つきっかけとなっていきます。

自然と触れ合うことって乳幼児期には本当に大切ですね。

image

静粛の練習をしました。

今日は、3,4,5歳のお友達と静粛の練習を行いました。

静粛とは、心を落ち着かせた状態を保つことです。今日は、みんなで、丸くなって

ベルをお隣のお友達に渡していくというゲームをしました。

ルールは“できるだけ、音が鳴らないように”でした。このルールで、子どもたちは注意深く、ゆっくりとベルをお隣の子へ渡していきました。

この活動には、注意力や自分をコントロールする力が必要になってきます。

ゲームとしてするととっても楽しく、最後は1周した時に拍手が起こりました(^O^)

 

image

 

 

 

 

 

ブログをスタートいたしました。

たま保育園では、ウェブサイトリニューアルに伴い、サイト内でのblogを開始いたしました。

催し物や園内の様子をこちらで公開して参りますのでよろしくお願いいたします。

 

1 14 15 16

▲ページトップ