社会福祉法人 光昇会 たま保育園

先生も練習中です☆

q4PR31ygboG-Rl-hMj1HqiuEdcKnkrJmv5uJsGvsJbE

モンテッソーリ教育では、先生たちも子どもたちに“教える”ための“方法”を練習する必要があります。

先生もお仕事を自分でしてみて、初めて子どもたちへの「わかりやすい教え方」を学びます。

写真は洗濯のお仕事を先生が学ばれている姿です。

子どもたちへわかりやすく、子どもたちが同じように再現しやすいようにするためには、先生にも技術が必要となります。

いつも先生方は“どのようにしたら子どもたちが学びやすいかな”と考えながら子どもたちと一緒にお仕事をしています。

そして、ベテランの先生から方法を指導して頂き、経験させてもらっています。

 

 

4歳児さん 洗濯をしているところです。

この時期は、水を使うお仕事をたくさんします。

子どもたちは水を使うことが大好きです。水は、人間にとって欠かせないものであり、こんなに小さな子でも水を使いながら生活するということを実体験を通して学びます。

また、水は子どもにとって“精神的に落ち着かせてくれる”ものであり、おうちなどで、少し落ち着きがなくて困っておられるお母さん方がいらっしゃると、手を洗ったりしてお子さんの気分転換を行ってあげて下さい(^O^)

現代では、洗濯は全てボタン一つ。洗うのも、すすぐこともいっぺんにできます。

“時間短縮” “手軽” “楽にできる”というのは、大人の価値観ですが、子どもたちは、自分でやってみて、初めて“汚れた物を洗う=汚れたものが落ちていく”プロセスや“洗ったものを外に干して乾かす”という一連の流れを通して、“次に何をするのか” “これからどうなるのか”と予想する力になります。

image

そして、洗濯をしているお仕事を見ている子も、見て学ぶというお仕事の中の一つです。

大人が一からすべてを説明しなくても、見ることによって学んでいきます。

この作業もモンテッソーリ教育の大変素晴らしい点です。

 

この他に、花の水切りのお仕事や色水をあけ移したり、机を磨いたりする活動など、たくさんあります。また、紹介していきます。

 

 

 

 

言語の獲得 (3~6歳)

image  

3歳以降になると、それまでスポンジのようにどんどんと吸収していた“周りにある言葉”を自分で思うように使っていく時期になります。そして、身の物には全て“名前がある”ということを意識しながら、活動をすすめていきます。

そこで、3歳以降の環境の中には、“絵カード”と呼ばれるものを用意します。

そして、単語だけでなく、文字も一緒に伝えながら、「話し言葉」と「書き言葉」を習得していきます。

特に年小さんたちにとっては、大変魅力的であり、ペアリングにするという活動自体が大変興味を持つ内容です。

この活動を行うことによって、自然と物の名前や文字を覚えていくことがあります。

 

本当に子どもたちの脳には不思議な力があるんですね。

年中さんになると、少しずつ文字を書く活動へと移行し、年長さんになると、自分の話している言葉(文章)を文字化していくように進めていきます。

モンテッソーリ教育法の“言語”活動は本当に奥深く、子どもたちの発達段階に合わせた、楽しい教具がたくさんあります。

  image年小さんが絵カードをしています。乗り物が大好きな男の子なので、文字もす   

              ぐに吸収していきました。

楽しい楽しいフラワーアレンジメント♪

IMG_1871

 

この時期には、たくさんのお花が咲きほこり、とってもきれいな時期ですね。

きいぐみさんは、毎日のお仕事でフラワーアレンジメントをしています。

色んな色や形のお花を前に、どの花を花瓶に活けようかと考えながら楽しく行っています。

お部屋に飾ると、とっても華やいで給食がさらにおいしくなりますね。

お仕事の中で、たくさんの刺激を受けながら毎日楽しく過ごしています。

                       

                         IMG_1870

 

 

ももぐみさん お仕事風景

IMG_1984 IMG_1992

ももぐみさんのお仕事の様子です。

小さなものをつまんだり、穴にさしこんだり、細かい手の動きができるようになってきました。

 

お仕事が大好きなももぐみさんです!

今後は、水を使ったお仕事なども取り入れていきます☆

 

 

 

 

 

 

 

静粛の練習をしました。

今日は、3,4,5歳のお友達と静粛の練習を行いました。

静粛とは、心を落ち着かせた状態を保つことです。今日は、みんなで、丸くなって

ベルをお隣のお友達に渡していくというゲームをしました。

ルールは“できるだけ、音が鳴らないように”でした。このルールで、子どもたちは注意深く、ゆっくりとベルをお隣の子へ渡していきました。

この活動には、注意力や自分をコントロールする力が必要になってきます。

ゲームとしてするととっても楽しく、最後は1周した時に拍手が起こりました(^O^)

 

image

 

 

 

 

 

▲ページトップ